枚岡公園

枚岡公園ホームページ
電話:072-981-2516(9時から17時45分)

七曲

お問い合わせ先  枚岡公園管理事務所:072-981-2516

(9時~17時45分)

 

園内に残る古道

暗峠(くらがりとうげ)

 

枚岡公園の豊浦橋から東に1.5㎞先にある暗峠は、麓から峠まで直線的な急勾配が続きます。そのため、大阪と奈良を最短距離で結んだ暗峠奈良街道の難所と言われている場所です。江戸時代には参勤交代路、庶民の伊勢参宮道として利用され、峠には旅籠や茶屋が立ち並び賑わっていました。官道として整備された石畳が今も敷かれ、沿道には伊勢参りのために建てられた石灯籠や道しるべが残っており、古寺や地蔵、石仏など当時の雰囲気を感じることができます。

 

現在は国道308号線となり国内唯一である石畳状の国道はハイキングコースとして多くの人に利用されています。

 

名前の由来は様々ですが、樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの街道であった説や江戸時代に呼ばれていた椋ケ嶺峠がなまった説などがあります。

 

 

 

神津獄本宮(かみつだけほんぐう)

 

神津嶽本宮は枚岡神社の創祀の地であり、境内の東方山上にあります。公園内も中の谷や枚岡山展望台などを通り神津嶽に行くことができます。

 

枚岡神社は創建2680年以上の歴史がある古社です。ここ神津嶽に一大磐境(いわさか)を築き、天児屋根命(あめのこやねのみこと)・比売御神(ひめみかみ)を祀って国の平定が祈られました。この二神の分霊を奈良の春日大社の第三殿と第四殿に奉斎したことから、春日大社のはじまりの地(元春日)と言われています。

 

昔は柵が設けられ禁足地でしたが昭和56年に石碑が建てられ、平成5年に石の社殿が築かれて現在に至ります。
 

男坂と女坂

神社や寺院など同じ場所に行くにも道が二手に分かれている場合、急な方を男坂、緩やかな方を女坂と呼びます。

このように、昔から自然と人それぞれの体力に合うように道がつくられてきました。枚岡公園のある枚岡山、額田山も古くから歩かれ、色々な傾斜の園路がめぐらされています。